タダシップと塩酸ヨヒンビンはED治療薬

タダシップは、ジェネリック医薬品で、有効成分は、先発薬と同一成分のため、ED治療薬としての効果や持続時間も一緒で安全な薬です。タダシップの有効成分は血流の流れを改善するためアンチエイジングにも効果が期待できます。タダシップは他のED治療薬と比較して36時間と持続時間が長いため、時間に余裕をもって服用することが必要です。タダシップは体内に吸収されると過剰でなければ食事やアルコールなどの影響は受けません。先発薬の3分の1の価格で購入できることも魅力のひとつです。タダシップを服用することで陰茎部分の血流が改善され、海綿体に多くの血流を流し込み勃起を維持しますが、性的刺激がない限りは薬の効果がないため、通常生活に支障はありません。1日1錠が限度で、性行為の3時間前には服用し、服用の間隔は24時間以上は空けることが必要です。
タダシップと同様なED治療が可能な塩酸ヨヒンビンは、勃起機能改善などに用いられますが、効き目が強力で危険な副作用を発症する可能性があるため、日本では医薬品成分として扱われています。塩酸ヨヒンビンは、西アフリカ原産のアカネ科の植物の樹皮から発見された成分で、アフリカの現地民はお茶にして服用したり、そのまま口にして精力剤として利用していました。日本では劇薬に指定されるヨヒンビンは、海外では医薬品ではなく、サプリメントとして販売されている場合があり、個人輸入などで入手して健康被害が発生しているケースもあります。塩酸ヨヒンビンにはED改善、性欲増進、ダイエット効果などがありますが、摂取量の調整を間違うと呼吸麻痺、心停止など非常に危険な副作用を引き起こす可能性があるため、自己判断で摂取することは避けます。