タダシップは形成外科で処方を受けられる?

ED治療薬の処方をしてくれるのは、通常は泌尿器科となりますが、ED治療の専門クリニックでも処方しています。
美容外科、形成外科などでも処方しているところがあり、ED治療は泌尿器科だけに特化したものではないのです。
形成外科でED治療をする場合は、薬物治療が中心となります。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックが処方されます。
国内の医療機関でジェネリックが認められているのは、現時点においてバイアグラのみです。
それ以外は国際特許が切れていないので、処方することはできません。
レビトラやシアリスのジェネリックを利用したい方は、個人輸入を利用するしかないのです。

タダシップはシアリスのジェネリックであり、先発薬のシアリスの20%程度と非常に安いです。
効き目はほとんど同じであり、シアリスの愛用者でも違いに気づくのが難しいほどです。
製造工程の違いから、シアリスのほうが効という方もいますが、その逆の方もいます。
実際にどちらが効くかについては、服用して確かめるしかありません。
形成外科ではタダシップの処方はしていないので注意してください。

個人輸入でタダシップを購入される方は、服用可能かどうか確かめてください。
シアリスを服用できない方は、タダシップも服用できないのです。
有効成分は同じであるため、効果・副作用は同じなのです。
事前にED検査を受けて、服用可能だと判断された場合のみ利用してください。
個人輸入代行サイト側は、販売を仲介する役割はありますが、健康指導や検査などは行っていません。
完全なる自己責任の購入となるため、販売されるタダシップが本物かどうか確かめる作業も必要となります。
成分鑑定をしっかり行っている業者から購入するようにしましょう。